SAVON de SIESTA × FUPUNOMORI

サボンデシエスタのイントゥザスノーシリーズ 限定発売

 

 

フプの森で人気のフレグランススプレーInto The Snow。

マイナス30度にもなる下川の冬、真っ白な世界に広がる凜とした森の世界、その美しさを香りで表現したくて生まれたイントゥザスノーの香りですが、この冬、サボンデシエスタさんがイントゥザスノーの香りを使ったスキンケアアイテムを4種、企画してくださいました。

 

パッケージのイラストは、点と線模様製作所の岡理恵子さんによるもの。深いブルーが印象的な色づかいと、木々や動物たちがかわいらしい、北海道の森のイメージにぴったりなイラストは、この季節のプレゼントにもおすすめです。

 

今回、サボンデシエスタさんが作る4種のアイテムとおそろいに、フプの森でも同じパッケージを使ったフレグランススプレーをご用意しました。

すっきり澄み渡るような真っ白の世界をどうぞお楽しみください。

 

 

 


 

 SAVON de SIESTA

写真提供:SAVON de SIESTA

「くらしの中に、お昼寝するような心地よさと 心がホッとするひとときを…」そんな思いで作られるサボンデシエスタさんのスペシャリティソープ。使うたびに笑顔になれる、「特別な」石鹸を、という思いは、北海道各地の素材をはじめとした原料えらびにも表れています。やさしい使い心地の石鹸だけでなく、魅力的なスキンケア商品や、実店舗でのさまざまな企画展など、新しい話題でいつも楽しませてくださる会社です。

私たちとサボンデシエスタさんとの出会いは10年ほど前。まだ下川町森林組合で精油を作っていた頃でした。下川の森づくりを応援する取り組みを始められたり、下川の精油や芳香蒸留水を使った商品をラインナップに加えていただいたり、といったご縁が続いて今に至ります。

下川の森のInto The Snowの世界は、初めて見た方の心にきっと残る美しい景色です。今回のコラボも、附柴綾子さんの当時の思いが詰まった素敵な企画となりました。

 

 


 

Into The Snow

フプの森で人気の フレグランススプレー イントゥザスノー は、マイナス30度にもなる下川の冬、真っ白な世界に広がる凜とした森の世界、その美しさを表現したくて生まれた香りです。下川在住のハーブアロマ研究家、八林素子氏によるブレンドで、八林さんは、イメージした情景を細部の印象まで香りで表現し、素敵な言葉も添えてくれました。下川の森の美しい冬を、ぜひじっくりお楽しみください。
 

氷点下の白い森。

人間を寄せつけない、厳しい冬の森。

動物たちは眠り、植物たちは土の中で待機する。

降り積もった雪で白一色の深い森を足元の雪を漕ぎながら歩いていくと、空と大地の境もなく、上も下も右も左もわからなくなり、しんとした静寂に包まれる。

空気は凍り、呼吸をするたびにキリリとした冷気が身体に入り、すべての感覚は研ぎ澄まされる。

そんな森の中を歩いていると、ふと、無色透明な森の空気の中に、針葉樹の香りがほんわり香ったような気がする。

すべてのものが寝静まった森の中で、力強く生きている植物たちの生命力の結晶を嗅ぎ、冬を生きる力をもらう。

 

香り・文監修:八林素子(Motoko Yatsubayashi) ハーブアロマ研究家

香りあふれる南国マレーシアで生まれて香りに興味を持ち、北欧スウェーデンで薬草療法を学んだ経験から、国内でもアロマテラピー等の仕事に従事。2011年より下川町へ移住し、現在はハーブを活かした暮らしを提案をする活動を行っています。